阪神間モダニズムという建築文化


白鶴美術館

和と洋、両方取り入れた近代芸術の代表格

建築といっても中には日本特有の色をそのまま表現しているものも存在しています。個人的には日本人なんだから、日本建築様式のものの方が何より良いだろうと思います。和と洋、本来なら性質的にこれでもかというくらいにマッチしている建物というのも中々存在していないものでしょう。ですが、外壁はまさしく日本独自の建築様式といえるのですが、室内はこれでもかというくらいに洋を取り入れている阪神間モダニズムの建築物である『白鶴美術館』を紹介しましょう。

こちらの建物、見た目こそ何処にでもありふれている当時から残っているような日本家屋のように見えますが、その室内はまさしく当時から発展し始めてた近代的なデザインで構成されています。見た目こそ日本的なのにひとたび中にはいればその中はまさしく近代建築と呼ぶには十分な内装となっているのでこのデザインは、まさしく当時の最先端芸術作品に値するといえるでしょう。

こちらの美術館ですが、元々嘉納財閥の当時白嘉納家7代目当主として活躍していた『嘉納治兵衛』さんの古美術品を展示するために建立された建物となっているのです。さすがは財閥の人間というべきでしょうか、コレクションで集めた美術品を保管するためにわざわざきちんとした財団法人を設立した上で美術館として歴史的にも、文化的にもその名を残すようにして現在まで語り継がれているのですから、驚きです。しかし一個人で集めていた美術品と入っても、どれだけ高級なものばかり買い集めていたというのでしょうか。一般市民からすれば理解できないところでしょう。そんな美術品を大量に集めていた理由としては、やはり好きだったということなんでしょうが中には国の重要文化財も含まれているなどしているんですから、もはや言葉にしようがないですね。何をどうしたらそんな貴重品を集めようとする気力に繋がっていたんでしょうかね。恐らく一生理解できないと思いますが、とりあえずは一つ譲ってくれたら即効で売りに出して生活の足しにしたいところですね。

白鶴美術館の歴史

こちらの美術館は第二次世界大戦以前からの歴史を持っていることから、日本国内において当時から現存している美術館ということで数少ない貴重な建物として、こちらも登録有形文化財として認定されているので、国が正式に保全活動に勤めています。そんな由緒ある歴史を持っているこちらの美術館ですが、その始まりこそ先に話したとおり嘉納治兵衛さんの古美術品を保管するために残すために建てられたものとなっていますが、美術館の始まりこそ1934年の六甲山の麓に位置している住吉川西岸にて開館することになりました。美術品を集めることを好んでしていたことも合って、様々な商品がやがて集まるようになりました。そういった流れが続いていくようにして大正期から昭和初期の間には、優れた古美術商と時の利を得て、商周時代の青銅器といった藤治台に代表されるような美術品まで手に入れるようになっていき、世界的にも非常に価値のあるものを入手するようになっていきました。何だかそうだな話ですが、何とか着いて行こうと思います。やがてこちらの美術展に展示されている美術品は全部で1,450点という作品が所蔵されているのです。その中には恐らく億単位では収まらないようなものも含まれている事を考えたら凄いものです。

現代建築にふれる

建物の特徴

こちらの美術館ですが、兵庫といえば様々な事件によって時代によっては貴重な建築物が破壊されるような事件もありました。世界大戦を始め、阪神・淡路大震災といった自然災害などで時には歴史を失ってしまうこともありますが、そんな困難においても建物が全壊することなく当時の状況のままで残されているので、まさに天運的なものといえるでしょう。もちろん国そのものも保全活動に尽力するでしょうね、もしもこういった本当に貴重な価値のある建築が倒壊して歴史を失ってしまうようなことになってしまうようなことになれば、もはや泣くに泣けないでしょう。おまけにこちらのコレクションを集めていた一族からすれば、ご先祖様が残してくれた歴史的価値のある所蔵品の数々が失われてしまうようなことになれば、下手をすれば国際問題にも発展しますね。中には唐時代のものまであるというのですから、、もし美術品が壊れてしまうものなら中国も黙っていませんからね。

さて、そんな美術品が保管されている建物ですが、先ほど申し上げたとおり完全な日本風の見た目となっています。檜・欅・桑・チークなどの木材をふんだんに使用していることで、かつて存在していた京の宮、天皇がいた王の間に思わせるような高級感溢れるものとなっています。まさに日本建築の中でも名建築と呼ばれるだけのことはあります、豪華なのは当然ですね。使用している木材も現在では高級品として扱われているので、これでもかと贅沢に使用しているんですから、建築物としての価値は非常に高いといえます。

しかし室内となれば近代を思わせてくれるデザインとなっているので、その当時建築していたこともあって当時の阪神間モダニズムをそのまま建築技術を利用しているので、非常に不思議な建築物となっているといえるでしょう。

見た目こそ完全に日本を表現している建物となっているが、中にはいると純和風という言葉では表現できない和洋折衷という言葉がそのまま似合うようなつくりになっている建物があります。ああいう建築物に入ると言葉に仕様のない不思議な感情になるのですが、どうしてなんでしょうね。やはりその当時の様子を感じ取るという意味でどこか感慨深くなっているのかもしれないかもしれないですね。ですがそういう建物が建築学として貴重なものとして扱われているというのも理解できますね。現代建築となれば和と洋が分離していることもあれば、どこか洋風を中心にしている作品ばかりが多く建築されているので、やはり時代を感じさせる和を含めたものがこの先もドンドン増えていってほしいですね。確かに現代風の建築にはその良さを感じることが出来ますが、それでもやはり日本人としては日本人らしい和の心というものを表現したものを作ってほしいところです。そういうことでは、こちらの白鶴美術館は理想的ではないでしょうか。中々こうした建築物を作るということは難しいかもしれないですが、新時代の気鋭の中でこういった斬新な建築を今後も創り上げてほしいところです。

ネットも良いけどショップへ行こう!
学生向け物件多数!自分で探すよりエステート白馬!川口 土地情報はエステート白馬へ!

2011年に残念ながら閉店したモザイク銀座阪急ですが、実はこちらの建物にはある建築様式が存在していたのです。ここではそんな阪神から生まれた建築文化を紹介して行きます。

モダニズム
もだにずむ

阪神間モダニズムという建築文化